スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピストで一日サイクリングしてみて

こんばんわ。

こどもの日イベントが無事に終わって、ほっと一息のたまねぎ本舗さすらい屋の阿川です。

さて、3日に久々にサイクリングに行ってきたんですが・・・・

たぶん80キロちょっとしか走ってないのに、150キロぐらい走った疲労感でした。

まあ、ピストだから

えっと、ピストってちょっと前にはやった、ギアがついてないシンプルな自転車の事です。

つまり、平地は、スタートがギアが重くてきつい。上り坂は、根性がないと無理

でも、シンプルでかっこいいという自転車です。

わかりやすく言うと、見た目が美しいから、アルマーニのピンヒールで軽く登山してきましたって感じ?

次は、ギア付のちゃりだなw

IMG_2828.jpg

ちなみに、左のシルバーのちゃりが私のピスト、右の赤い奴がお友達のロードレーサー

性能的には、旧ザクと、シャ○専用ゲルググぐらい戦闘力が違います。

見た目はあんまかわらないんだけどねーw

さて、今回のサイクリングの重要な目的!

それは、ノーパンクタイヤのテストです。

これは、ポリマーが空気のかわりに入っているタイヤで、物理的にパンクしない。

しかし!

固いのよ・・・・突き上げが厳しいのよ。

そこに、このサドルw

IMG_2830.jpg

せっかく固いフレームの突き上げを緩和するために、シートステーの曲げ加工してあるのに、台無しですw

IMG_2833.jpg

ここで、ちょっと考えたわけです。

確かに、パンクしない=パンク修理キット、スペアチューブ、空気入れ、タイヤレバー、ガスボンベを持たなくていい

ですが、青梅街道の環八の手前のがたがた道路とか、手の皮がめくれちゃう!ぐらい振動がきつい。

そこで、サスペンションでも入れようか?と思ったが、細かい振動を緩和するサスは、ノーマルプラス1キロぐらい重くなる。

確かに、普段乗り回すには、とてもいいのですが、長距離はきついものがある。

このあたりを考えて、サイクリング用の自転車を組んでみようと思います。

組む前に、まず、ノーパンクタイヤを使うか、使わないかが悩む。

パンクしたら、チューブ交換しちゃえばいいんだから、5分もかからないんだけどね。

でも、ノートラブルで、雑につかえる自転車が組んでみたいんですよね。

あと、40キロで電池がおわってしまった、アイフォンのナビも、改善したいポイントです。

一応、昔のランドナー的な自転車を、今時の解釈で組んでみたいと思います。

まあ、なんでもそうなんですが、組み上げる妄想している時が一番楽しいんですよねw

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。