スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチメニューって意外ときのこが入ってました。

こんばんわ

今日も元気な、たまねぎ本舗さすらい屋のあがわです。

さて、先日ふとした事で、発覚したのですが、うちのランチって、きのこ類結構使ってるんです。

メインで使ってないのは、豚の角煮丼のみです。

味噌汁も、どんこが入ってるので、正確に言うと、全メニューがきのこ類が入ってる事になります。

自分が好きだからですが、えらい使ってるんです

で、そのふとした事っていうのが、実はきのこアレルギーの方がいらっしゃったんです。

食べ始めてすぐに、「すいませーん、これきのこ入ってますか?」と、聞かれて

カレーには、シメジが入っている事を伝えると

非常に申し訳なさそうに

「実はきのこアレルギーで・・・・」

「では、使ってないメニューを・・・」と、言ったものの、豚の角煮丼しかないので

それをお伝えすると、それでいいとの事

さらに、お味噌汁にも、きのこ使ってるので、あったかいお茶と、ディナーメニューの、さといもの煮付けを

すぐに用意して出しました。

いやぁ、対応できてよかったです。

このお客様とても紳士な方で、お帰りの際に、ご一緒の方の会計が終わってから、そっと2食分払いますと申し出てくれました。

私は、そっと首を横に振って、笑顔で言いました。


「アレルギーは誰も悪くないです。」


夜なら、きのこ抜きのメニューもありますから、是非おいでくださいと、言いました。

お客様は、ちょっとはにかんだ笑顔を見せて、にこやかにお帰りになりました。

多分、いままで、アレルギーでいやな思いをした事がたくさんあったのでしょう。

自分の店なら、何も考えずに一番いいと思う対応が出来るのが、とてもいいと思います。

サラリーマンで対応していると、大人の事情とか、会社の方針とかで、決められた範囲内での対応になります。

特に、今回のようなケースでは、会社なら、赤伝票(交換した食事の伝票)が絡むので、上司の許可がいるとか

即座に、最善の対応をする事は難しいです。

自分がやりたかった、顧客対応って、こんな対応なんだなぁと実感しました。

とてもよかったです。

あまりに、いい対応だと自画自賛したので、調子に乗ってこのお客様がいつ来てもいいように、昨日の仕込みで

きのこ抜きのカレーの元を仕込んでおきました。

これで、あのお客様が来ても、ちょっと待ってもらえれば、うちのカレーメニューならどれでもきのこ抜きが

出来ます。

うちのカレーは、スパイスを足す段階で、きのこを混ぜるので、その前の段階のたまねぎと、他の

野菜を混ぜた物を、別に取っておかないと、きのこ抜きカレーの元が出来ないんですよね。

いつか、来てくれるといいなぁと思います。

そして、今度は、遠慮なく笑顔で食事をしていただきたい!

そう思います。

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。