スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域NO1の味噌汁目指してます!

すべてのメニューに手抜きなしと思ってたら、土日祝日休みの店なのに

土日も仕込みのたまねぎ本舗さすらい屋のあがわです。

こんばんわ

さて、今日は味噌汁の秘密でも、ねたにしようと思ってます。

うちの店で味噌汁が付いてくるのは、とりかわ丼、辛とりかわ丼、豚の角煮丼、不定期内容気分次第のさすらい丼

なんですが、肝心の丼が渾身の料理なのは、当然ですが

実は味噌汁には、強いこだわりがあります。

だって、味噌汁といえば、丼ものを引き立てる女房役!


女房と言えば、きれいで気が利いてやさしいのが理想ではないか!

その理想を現実のものとするには、男は命を削って戦うのだ!

そうだ!

きれいな女房は、漢が世間で戦う為の唯一無二の理由ではないか!

戦え、戦うのだ!・・・・・














何の話でしたっけ?w

そうそう味噌汁でしたね。

ついつい熱くなってしまったw

でね、うちの店たまねぎ本舗さすらい屋名乗ってるんで、当然味噌汁もたまねぎベースです。


まず、たまねぎを二日ほど炒めてあめ色のたまねぎペーストを作ります。

そこに、豚のひき肉を油を抜いてしょうゆベースの秘密のタレで煮込みます。

そして、肉味噌を作るんです。

それから、女性でも大口あけて食べなくてもいいように、野菜を小さいブロック状に切って

煮込んで、味噌汁を作ります。

なので、よく豚汁みたい!

と言われます。

味を出すために、泥つきごぼうの煮込みと、どんこは欠かせません。

やさいも、大体、にんじん、大根、きゃべつ、長ネギなどを入れてます。

あと、こんにゃくと、豆腐も入れてます。

文字通り、具沢山味噌汁です。

味噌汁を、気に入ってもらい通ってらっしゃるお客さまもいるので、結構な自信作です。

単品で200円で販売しているので、カレーと一緒に頼まれる方もいらっしゃいます。

ほっとする、やさしい味の味噌汁が恋しくなったら是非どうぞ。


さて、今日実は仕込みをしていたら、声優の夫婦、某竹内夫妻がいらっしゃいました。

こんな紹介で大丈夫か?

大丈夫だ!問題ない

で、和風の飯を作ってもてなしました。

まず、味噌汁ですが、竹内家は、うちの味噌汁より、若干塩が大目です。

さらに、食べやすさより、具のごろごろ感が好きなので、いつもより、野菜は大きめ

塩も、もう一塩入れて作りました。

おかわりは、でふぉで想定内なので、4人分作っておきました。

IMG_1035.jpg

そして、リクエストのあった、牛筋煮込みと、あめ色煮込み大根で、オリジナルどんぶり

IMG_1031.jpg

さらに、ジャガイモとにんじんのにんにくバターしょうゆ炒め

IMG_1034.jpg

こんな感じでもてなしました。

さらに、ダイエット中なのに、ミニ角煮丼まで食っていったのは、秘密である。

たまねぎ本舗さすらい屋では、私の味付けを押し付けるのではなく、

お客様が喜ぶ味がすべてだと思って料理してます。


なので、好みがあったら、是非言ってください。

ランチの戦争中はムリですが、ディナータイムは、結構いろんな味付けとか承ってます。

気楽に言ってくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。